ミノキシジルの通販

ミノキシジル(タブレット)の発毛効果・副作用と通販について教えてください

ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルとは発毛率の高い育毛薬

ミノキシジルは悪性高血圧症の内服薬として処方される血圧降下剤でしたが、ミノキシジル服用患者の毛が濃くなるという副作用から、AGA治療薬として注目を集めるようになった成分です。

毛包に直接作用し発毛を促すミノキシジルは、米国FDA(食品医薬品局)より初めて正式に認可された育毛剤で、AGA(男性型脱毛症)に対する治療有効率が高い数値で証明されています。

ミノキシジルの効果と副作用について


ミノキシジルの効果は、”毛細血管拡張→血圧下降→血流増加→毛根活性→発毛促進”です。塩化カルプロニウムと似た作用機序を持っていますが、”血行促進”が主な作用の塩化カルプロニウムと異なり、毛根活性による発毛が高確率で期待できるのがミノキシジルです。


ミノキシジルは特に頭頂部の発毛に作用すると言われておりますが、高濃度ミノキシジルを外用することで回復の難しい前頭部(※生え際のM字)にも発毛の期待が持てます。ただし濃度が高い分副作用のリスクも高まりますので使用後の経過監察は必要です。

副作用として動機・胸痛・頭痛・めまいがありますが、使用方法を守ることでほぼ心配はありません。ただし皮膚の弱い方には、発疹・かぶれ・かゆみ・フケの問題が頭皮に起こることがあります。初期脱毛・耐性・リバウンドについては、他の薬品同様に個人により反応は異なります。

※ミノキシジルはローションやクリームなどの外用薬による使用が一般的ですが、ミノキシジルタブレット等の錠剤を内服する方法、病院やクリニックにて直接注射する方法もあります。

外用薬

以下は、ミノキシジル成分の代表的な「外用薬」になります。

ロゲイン5% ・・・ 米国アップジョン社が販売している人気ナンバーワンのミノキシジル製品。

※ ロゲインには、ミノキシジルの含有率を2%に押さえた女性専用ロゲインもあります。

内服薬

以下は、ミノキシジル成分の代表的な「内服薬」になります。

ミノキシジルタブレット10mg ・・・ ミノキシジルのタブレット経口タイプ。5mgもあり。

”ファイナステリド”と”ミノキシジル”の併用治療のススメ

現在、AGA治療薬として米国FDAの認可を受けている薄毛治療に効果的な有効成分は、”フィナステリド”と”ミノキシジル”の2つです。抗男性ホルモンとして抜け毛を防ぐのがフィナステリドの作用で、毛根を活性化して発毛を促進するのがミノキシジルの作用です。

この異なる2つの作用を同時利用するフィンペシア+ミノキシジルタブレットの併用治療が一般的になりつつあります。

※AGA治療薬のミノキシジルは副作用の危険が少ない育毛剤ですが、医薬品の用法/用量を厳守し、医師や薬剤師と相談のうえ内服・外用してください。


ロゲインミノタブカークランドザンドロックスリアップHOMEへ戻る